神話のふるさと宮崎

神話の源流 〜 はじまりの物語

神話旅 其の10

神武天皇の湯浴みの地で心の休息を――

新富町

神武天皇が東征の際に、湯浴みをされたと伝わる「湯之宮神社」。心身の疲れを癒し、また英気を養うために、この静寂で神秘的な場所を選び休息されたのでしょう。日々の生活において、休息はとても大切なことです。心身の疲れを癒すために、神話の地を散策しながら、爽快でほっこりとした感覚を味わえるスポットを周遊してみませんか?

県内随一の野菜生産地 海、川、台地に囲まれた自然豊かな新富町は、県内随一の野菜の生産地。アカウミガメの上陸する砂浜や航空自衛隊の新田原基地などの名所も多く存在しています。

新富 神話旅エッセイ

モデルコース

スタート

西都インターチェンジ車で約11分

新田神社車で約10分

湯之宮神社車で約16分

舩津神社車で約20分

下富田神社車で約9分

富田浜海岸車で約9分

湖水ヶ池公園
Google Map で表示

真剣を用いた新田神楽 新田神社

旧称・正八幡宮の名残から、現在も八幡様として親しまれる新田神社。天正5年、戦火により本殿や宝物などが消失。その後、慶長11年に修復され、明治4年に新田神社と改称しました。 同社を中心に伝わる新田神楽は、県無形文化財に指定されており、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)伝説に基づき、真剣を用いて行われる「蛇切り」が見せ場となっています。

住所:新富町新田10006
問合せ:☎0983-35-1601

神武天皇がお湯を召された場所 湯之宮神社

神武天皇が東征の際にこの地に立ち寄り、湯浴みされたと伝わる場所。休息の後、神武天皇が梅の杖を突き立てたままお立ちになっていたようで、その時の梅の木が生長し、座論梅になったという伝説が残っています。
社殿を下ると、湯浴みをされたと伝わる浴槽の跡も確認することができます。

住所:新富町大字新田18633-2
問合せ:☎0983-35-1601

湯之宮座論梅 神武天皇が突き立てた梅の木が生長したものが始まりとされる座論梅(国指定天然記念物)の名所。神武天皇一行が、東征の方針に付いて論議したことからこの名が付いたとも言われています。 住所:新富町湯之宮(湯之宮神社向い) 問合せ:まちおこし政策課 TEL 0983-33-6012

新田原基地 新田原にある航空自衛隊基地。周辺には戦闘機の離着陸を楽しめる幾つかのビューポイントがあり、多くの観客や写真家を虜にしています。毎年11月末〜12月初旬にはエアフェスタも開催されます。 住所:新富町大字新田19581

山幸彦が船を着けて上陸 舩津神社

新富町新田に「舩津」という地名があります。そこはホオリノミコト(山幸彦)が高屋(西都市都於郡)に宮居されていた際、一ツ瀬川を下って田島へ行く途中、この地に船を着けて上陸したと伝わります。

住所:宮崎県児湯郡新富町大字新田

神武天皇幼少時代の遊行の御跡 下富田神社

神武天皇が幼少時に遊行された地と伝わる場所。
近くに王子の浜があり、言い伝えによると、この浜にはたびたび津波が押し寄せ、人々を困らせていたそうです。そこで村人たちは王子の浜崎に鎮座する権現様にお祈りをし続けると、純白の鳥が荒れ狂う海辺に舞い降り、縦横無尽に駆け回ると瞬く間に静かになったといいます。これ以降、王子の浜に津波が襲うことはなくなり、この鳥こそが、権現様の化身だったのではないかと伝えられています。

住所:新富町下富田455

国内有数のアカウミガメの産卵地 富田浜海岸

富田浜海岸は、全国でも有数のアカウミガメの産卵地として知られています。海岸の美化活動などを行い、アカウミガメの産卵しやすい環境づくりに力を入れ、6月〜9月の産卵時期には毎年数百頭近くの上陸が確認されています。

問合せ:生涯学習課
☎0983-33-1022

一面に覆い茂る蓮の花 湖水ヶ池公園

南北に長く延びた周囲1kmの湖水ヶ池は、盛夏になると池一面に蓮の花が咲き誇り、多くの花見客で賑わいます。この蓮は、約300年前に当時の藩主が貧しい財政を立て直すために植えたのが始まりだと言われています。
また、ここのレンコンも独特の食感から特産品となっています。

問合せ:新富町産業振興課
☎0983-33-6029

おすすめ体験

  • 新田神楽 県の無形文化財に指定される新田神楽は、毎年2月17日に新田神社境内で行われます。神楽舞は三十三番から成り、中でも八岐大蛇伝説に基づいた「蛇切り」の場面では、真剣を手に大蛇に見立てた綱を一刀両断し、一番の見所となっています。
  • そば打ち体験 良質の蕎麦粉の生産地として知られる新富町。そば専門店「好日庵」では、そば打ちを体験することができ、ポイントを伝えながら全行程を教えてくれます。 所要時間/約1時間 料金/1,000円(材料費別途) ※要予約 問合せ:好日庵 新富町大字日置5174 TEL 0983-33-0512
  • 新茶deピクニック 全国でも有数の「深蒸し茶」の産地である新富町において、3年連続で農林水産大臣賞を受賞している「新緑園」。ここでは、毎年5月初旬に、無料でお茶摘みの体験を開催しています。茶園の一部開放や雑貨販売などもあります。 問合せ:新緑園 新富町大字新田15530-2 TEL 0983-35-1057

おすすめグルメ

  • レンコン 11月〜3月頃まで湖水ヶ池にて収穫されるレンコンは、粘りのある独特の食感で名物商品となっています。問合せ:まちおこし政策課 TEL 0983-33-6012

※写真はイメージです。

その他のルート